So-net無料ブログ作成
ローラ

キムヨナ日本デビュー???


フィギュアスケートの紛れもない女王といえば、韓国のキム・ヨナですよね。

キム・ヨナのスケートは、妖艶な色気が溢れていると思いませんか?

すべる前の表情、演技の途中の表情、いやいや、敵ながらあっぱれです。


世界選手権やオリンピックなどでの彼女の演技の最中、

真央ちゃんに勝ってもらいたいと願う日本のファンは、「キムヨナこけろ!」・・・

そう思いながら演技を見ていた人も多いんじゃないんでしょうか?

もちろん私もその一人でした・・・。

この ↓ 色気には我が日本の女王真央ちゃんも敵わないと思いますがいかがですか?




さてそんなキム・ヨナが、芸能人として日本デビューするという噂があります。

韓国側、キム・ヨナのマネジメント会社はその話を全面否定していますが、

TBSが「多くの芸能プロダクションがキム・ヨナを日本に進出させようとしている」と報じたんですよね。

さてその真実やいかに・・・ですが、もし、キム・ヨナが日本デビューしたとしたら?

各テレビ局彼女の争奪戦が始まる気配がしますね。

今なにかと冷え切っている日本と韓国、両国の関係に光をさすことができれば?彼女に・・・

大賛成です!!!日本デビュー!




ビートたけし不倫離婚騒動に激怒!

世界のたけしことビートたけしさんが、

週刊誌「週刊文春」のビートたけし不倫離婚騒動に激怒しているそうです。

「週刊文春」の情報によると、

49歳の美熟女との不倫現場を激写されたたけしさんは、
幹子夫人に「100億円」ともいわれる全資産を渡して離婚すると関係者に話しているということなんです。

その件に関して安住紳一郎さんとMCを勤めている番組『ニュースキャスター』で、

「週刊誌見たら『たけし、かみさんに100億円払って離婚』だって。
100億円あったらそんなことしているわけないじゃねーか、冗談じゃない! 
ふざけやがって、どいつもこいつも。俺をなんだと思っているんだ!」

と声を荒らげながら、一連の報道についてこのように述べたそうなんです。

それにしても全資産が100億円とは、流石に世界のたけし桁が違います・・・


ところで、安住紳一郎アナとMCを勤めているTBSの『ニュースキャスター』

この番組は、今春には報道色を強めるために、たけしさんの“降板”が一部で報じられたことがあるんですね。
そこに今回の騒動、たけしの番組内で肩身の狭くなるのも確実だ・・と言われているようです。

たけしが肩身の狭くなるという理由に、過去この番組でコメンテーターを務めていた渡辺えりさんがクビになったことがあるんです。

その理由が、女性誌で彼女の“不倫”が報じられたことなんだそうですよ。


しかし、いずれにせよ、『ニュースキャスター』って番組、たけしの毒舌が面白い番組だよね。
そこにたけしがいなくなったら・・・心配しているのは私だけでしょうか・・・?


まだまだ若いオヤジたけし・・・金にものを言わせてガンバ・・・

って、金のない奴の僻みか・・・

しかし、色々と報道されているけど真実は、何だろうね。













胃液で、胃粘膜が傷つかないのはなぜ?


胃液は非常に強い酸性でそのレベルはトイレ用の洗浄剤と同じくらい強く、

金属も溶かすほどだと言われていますが、

それなのに、胃自体が溶けたり、傷つかないのは何故なんでしょうか?


それは、胃液に含まれる「粘液」という物質のおかげです。


この粘液は、胃粘膜の表面に「粘液層」という厚さ1mmにも満たない大変薄い保護膜をつくっています。

この粘液層にはアルカリ性の成分があるため、塩酸を中和させることができるんです。

この粘液層があるおかげで、胃粘膜の表面付近の胃液は中性に保たれ、

胃壁が塩酸に荒らされるのを防いでくれているんです。


ところで、胃液が逆流して起こる病気を「逆流性食道炎」といいますが、その代表的な症状が、


胸焼け、呑酸、です。


呑酸とは、酸っぱい苦い胃液が上がってくるつらい症状のことをいいます。






キムタク 南極大陸


キムタクが南極大陸に挑む!!!

キムタクこと木村拓哉が、

TBSが開局60周年記念の集大成として、民放の大河ドラマを半年以上にわたり制作し、
10月より連続ドラマとして日曜劇場で放送する事が決定した「南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語~」に主演することになりました。。

キムタクといえば今までTBSで、いろんな役柄に挑戦しそのつど高視聴率をマークし続けてきた、
まさにTBSにとってはドル箱スターですよね。

特に日曜劇場の時間帯では、裏番組の「行列のできる法律相談所」の伸介を悩まし続けてきました。
またまた今回もやってくれますかね?

キムタクも見たいし、行列も見たいし、映画劇場も見たい!
やっぱりそろえよう今回こそは!DVDプレーヤーを!・・・



妖怪人間ベム 亀梨和也

「妖怪人間ベム」が、亀梨和也主演で連続ドラマとしてよみがえります!
(日本テレビ・読売系、土曜、後9・00、10月スタート)

主演の亀梨和也君といえばイケメンアイドルですが、今回の役では、
不気味な妖怪人間ベムに“変身”することになります。

それについて本人の亀梨和也君のコメントは、

「特殊メークや、妖怪を演じさせてもらうのは初めてですし、さらにとてもメッセージ性の強い作品なので、しっかり役に染まりたいと思っています」・・・
とメッセージを送り、心の準備は万端のようです。

「妖怪人間ベム」といえば、今から43年前の1968年に放送された名作アニメ。
この、アニメ版と同様にドラマ版のベム、ベラ、ベロも、人間からは恐れられても正義を追求して悪と戦う“闇のヒーロー”という設定は同じ。

妖怪人間の最大の特徴である醜い体は、特殊メークで再現し、アニメ版のベムが身に着けているシルクハットや杖はドラマでも取り入れられるが、ホラー色が濃かったアニメ版にどこまで似せるか、
そして、この主人公ベラを、亀梨和也君がどう演じるかがこのドラマの見所の一つで放映が今から楽しみです・・・

>>「妖怪人間ベム」をアマゾンで探してみる<<

Copyright © すっとこどっこいメモ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。